ゴーストインザヘッド

読んだ人をモヤモヤさせることが目標です。

漫画オタクが選ぶ、10巻以内で完結している面白いマンガ20選!
プレゼントにも!1万円以内で買えるおすすめボールペン7選!
現代社会の必需品?オススメのモバイルバッテリー7選!
絶対泣ける!? 心が疲れた時に観たい珠玉の名作映画10選!
洒落怖(洒落にならないほど怖い話)・ホラー好きな話ランキングぅ~!パフパフ~!
マイナーだけど本当に面白いマンガ30作品を自称ソムリエが選抜【ジャンプ無し】
ThinkPadちゃんに恋してる
私がチタン印鑑をオススメする5つの理由
SCPの入り口としておすすめの20体を紹介します
イジらないで、長瀞さんが最の高だった
「いなくなれ、群青」感想

自動更新!!

現在Kindleで読める無料マンガ

小説・ラノベ

小説(エンタメ、純文学)およびライトノベルについての記事を書いたカテゴリーです。

ガガガ文庫が一番面白いラノベレーベルだからな

ガガガ文庫が一番面白いラノベレーベルだからな いや電撃文庫も角川スニーカーもファミ通も富士見ファンタジアも面白い作品はありますよ? HJ文庫?知らない子ですね......でもあの「俺ガイル」を擁する小学館のガガガ文庫は一味違います。 尖りきったエキセ…

ブタ野郎と呼ばれたくて

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない Amazonでなんか面白い軽い感じの小説ないかなぁ〜とエンタメ・ラノベ中心に探してたら見てこれ異様に高評価の作品を見つけました。30レビュー入ってて星5ってヤバくないですか?さっそくシリーズ第1巻「青春ブタ…

表紙デザインがオシャレだったり個人的にグッと来た漫画や小説の表紙をひたすら並べるだけの記事

表紙デザインがオシャレだったり個人的にグッと来た漫画や小説の表紙をひたすら並べるだけの記事 表紙デザインがオシャレだったり個人的にグッと来た漫画や小説の表紙をひたすら並べるだけの記事です。 感想も説明もありません。読んだことないのもあります…

今更ながらKindle Unlimitedに加入したのできっかけや良かったこと書いていきます

今更ながらKindle Unlimitedに加入しました 今更ながらAmazonの電子書籍読み放題サービス、Kindle Unlimitedに加入しましたのでそのきっかけと良かったこと、悪かったことなど書こうと思います。 Kindle Unlimitedとは Kindle Unlimitedとは、Amazonの提供す…

タイムリープモノの大傑作「君と時計と嘘の塔」シリーズ感想(ネタバレあり)

「君と時計と嘘の塔」シリーズの感想(ネタバレあり) 講談社タイガというマイナーレーベルから出ている小説、「君と時計と嘘の塔」シリーズが大大大傑作だったのでまた記事にします。君と時計と嘘の塔 第一幕 (講談社タイガ)[Kindle版]posted with ヨメレバ綾…

「君と時計と嘘の塔」がめちゃめちゃ面白い

「君と時計と嘘の塔」の記事だよ(たぶんネタバレ無し) 積ん読本だった小説「君と時計と嘘の塔」を読んだんですがこれがもうめちゃめちゃ面白かったので記事にします。君と時計と嘘の塔 第一幕 (講談社タイガ)posted with ヨメレバ綾崎 隼,bookwall 講談社 20…

また、UFOの夏が来る

君は「イリヤの空、UFOの夏」を知っているか 「イリヤの空、UFOの夏」というライトノベルをご存知でしょうか。 「6月24日は全世界的にUFOの日」新聞部部長・水前寺邦博の発言から浅羽直之の「UFOの夏」は始まった。当然のように夏休みはUFOが出るという裏山…

「エトランゼのすべて」感想

エトランゼのすべて 今回ご紹介するのは『エトランゼのすべて』。 エトランゼのすべて (星海社FICTIONS)作者: 森田季節,庭出版社/メーカー: 講談社発売日: 2011/10/14メディア: 単行本(ソフトカバー) クリック: 58回この商品を含むブログ (18件) を見る あ…

太宰治の「水仙」が好きです

太宰と芥川 太宰治 水仙 忠直卿行状記 まとめ 太宰と芥川 太宰はしばし芥川龍之介と比較されますが、読んでいて「面白い」のは芥川、「刺さる」のは太宰だと個人的に感じています。極端に言えば、芥川は万人受け、太宰はオタク受けと言い換えても良いかもし…

ムーの少年/滝本竜彦 感想

ムーの少年/滝本竜彦(ネタバレ無し) 滝本竜彦といえば、『NHKにようこそ!』が思い浮かぶ……というかそれしか思い浮かばない人も多いことでしょう。 でも私が個人的に一番好きな彼の小説は『ムーの少年』です。あらすじとしては、オカルト雑誌の「ムー」を…

「ついてくるもの」感想(ホラー短編集)

「ついてくるもの」感想 わりとガチめのホラー短編集「ついてくるもの」を読み終えました。 作者は三津田信三。表題作を含む七篇が収録されています。 1.「夢の家」 2.「ついてくるもの」 3.「ルームシェアの怪」 4.「祝儀絵」 5.「八幡藪知らず」 6.「裏の…

「ホーンテッド・キャンパス」感想

書評ブロガーに、俺はなる! どうもこんにちは。書評ブロガーです。いや雑記ブログだし書評ブログってわけでも無いんですけども、ネタとして本の感想は記事が書きやすいのでね、予告通り「ホーンテッド・キャンパス」の感想行ってみようと思います。 ホーン…

読書について

読書について 最近再び読書熱が湧いてきたので一日一~二冊ペースで読んでいます。 私、文学部なので本を読むのは好きなんですよね。日本文学選考でしたので芥川太宰を始め漱石、志賀直哉、泉鏡花、現代だと吉本ばなな、春樹、江國香織、小川洋子などなど色…

「いなくなれ、群青」感想

「いなくなれ、群青」 感想 「いなくなれ、群青」 感想 電書もええやん いなくなれ、群青 電書もええやん 私は圧倒的に紙本派なんですが、最近電子書籍もいいかもとちょっと思い始めました。 でんししょせきいっぱい買った♡ ちょっと気になってたけど紙本買…