ゴーストインザヘッド

元引きこもりのオタクが送るサブカル・エンタメ系ブログ。マンガ、ラノベ、ゲーム、ガジェットなどを中心に書いていきます。読んだ人をモヤモヤさせることが目標です。

自動更新!!

現在Kindleで読める無料マンガ

小説・ラノベ

小説(エンタメ、純文学)およびライトノベルについての記事を書いたカテゴリーです。

無料で読める!オススメのネット小説ランキング!

オススメのWEB小説ランキング! 今回は、無料で読めるオススメのネット小説をご紹介したいと思います!WEB小説、ネット小説、オンライン小説……言い方は色々ありますが、要はネットで読める小説のことです。ネット小説の良いところはなんと言ってもね、そのほ…

今でも色褪せない!おすすめの名作ラノベ30選

おすすめの名作ラノベ ラノベを読んで育ってきた私が、満を持して(?)おすすめの名作ラノベをご紹介したいと思います。 いくつもある「ラノベおすすめ記事」となるべく取り上げる作品が被らないように、かつ面白い作品を厳選したつもりです! 概ね完結済みな…

村上春樹「螢」に見る再会と喪失

村上春樹「螢」に見る再会と喪失 村上春樹の短編小説「螢」をご存知でしょうか?「螢」は大ベストセラーである『ノルウェイの森』のプロトタイプと言われる作品です(春樹自身も『ノルウェイの森』のあとがきでその旨を述べています)。 【中古】 螢・納屋を…

「洒落怖」をテーマにした二人の少女の冒険譚「裏世界ピクニック」

「洒落怖」をテーマにした二人の少女の冒険譚「裏世界ピクニック」 「洒落怖(死ぬほど洒落にならない程怖い話)」やネット上の怪談について幾度も記事にしている当ブログですが、そんな怪異譚をテーマにした「裏世界ピクニック」という作品が面白いです。 …

なろうホラーなら「渡リ烏のオカルト日誌」が断トツでおすすめ!

渡リ烏のオカルト日誌 ブログでもTwitterでも個人的に激推ししているWEB小説『渡リ烏のオカルト日誌』。(この記事とかこの記事とか) 満を持して(?)個別記事にしたいと思います。 作品リンク: 『渡リ烏のオカルト日誌』 https://ncode.syosetu.com/n6477d…

オタクが選ぶ「ラノベの奇書10選」

ラノベオタクが選ぶ「ラノベの奇書10選」 「#ラノベの奇書10選」というタグを見かけたので、#ラノベの奇書10選 はい、どうぞ。— 秋野ソラ (@akinosora_) 2018年10月22日 私も自分なりの「ラノベの奇書10選」を記事にしたいと思います。 日本小説の三大奇書と…

【50%OFF以上】Kindle6周年記念キャンペーン(10/25(木)まで!)

Kindle6周年記念キャンペーン!! Kindle6周年記念キャンペーンが2018年10月12日から始まっています。対象タイトルがなんと50%引以上の超・オトクなセールです。 特にオススメなのが、個人的にいろいろなところで紹介している「沈黙のWeb」シリーズです。アメ…

【なろう】ホラー小説『名前のない怪物』が面白い(コミカライズ版も!)

小説『名前のない怪物』が面白い 個人的に激推しな、メッチャクチャ面白いホラー小説『名前のない怪物』。下記の記事でも少しだけご紹介していますが、今回改めて単一記事として、その魅力を徹底的に見ていきたいと思います!www.gith.xyz 小説『名前のない…

「幻想再帰のアリュージョニスト」がドチャクソ面白い

幻想再帰のアリュージョニスト 幻想再帰のアリュージョニスト面白すぎるゾ〜〜— ニルス@雑記ブログ (@nils00000) 2018年9月12日2週間ほど前からドハマリしてからブログの更新も仕事もろくに手につかない奴隷状態に陥るほどドチャクソ面白い小説『幻想再帰の…

「BCCKS(ブックス)」誰でも!簡単に!無料で!電子書籍と紙の本が作れる!

今はすごい時代です(語彙)。電子書籍や紙の本を自分で作って、無料で出版できるサービスがあります。今回はそんな「セルフ・パブリッシング」サービスで最もおすすめな、「BCCKS(ブックス)」というWEBサービスをご紹介します。 BCCKSとは BCCKSのすごい…

小説家になろうの「武士は喰わねど高楊枝」が圧倒的に面白い

私的ナンバーワンなろう小説「武士は食わねど高楊枝」 小説や漫画やラノベの単行本、電子書籍を購入することも多いのですが、ちょいちょいカクヨムや小説家になろうの作品も読んでいる私です。そんな私が最近ドハマリし、(100本前後しか読んでいないものの…

「〇〇(人名)は××ない」式のタイトルはだいたい名作説

「〇〇は××ない」式のタイトル 「○○は××(し)ない」式のタイトルって印象に残るしカッコいいですよね。「岸辺露伴は動かない」みたいな。しかもジャンル問わず名作と言われる作品が多いような気がするんですよね。 そこで「○○は××ない」式のタイトルを持つ…

ガガガ文庫が一番面白いラノベレーベルだからおすすめ

ガガガ文庫が一番面白いラノベレーベルだからおすすめだよ いや電撃文庫も角川スニーカーもファミ通も富士見ファンタジアも面白い作品はありますよ? HJ文庫?知らない子ですね......でもあの「俺ガイル」を擁する小学館のガガガ文庫は一味違います。 尖りき…

今更ながらKindle Unlimitedに加入したのできっかけや良かったこと書いていきます

今更ながらKindle Unlimitedに加入しました 今更ながらAmazonの電子書籍読み放題サービス、Kindle Unlimited(月額980円)に加入しましたのでそのきっかけと良かったこと、悪かったことなど書こうと思います。 <関連記事> www.gith.xyz Kindle Unlimitedとは…

タイムリープモノの大傑作「君と時計と嘘の塔」シリーズ感想(ネタバレあり)

「君と時計と嘘の塔」シリーズの感想(ネタバレあり) 講談社タイガというマイナーレーベルから出ている小説、「君と時計と嘘の塔」シリーズが大大大傑作だったのでまた記事にします。君と時計と嘘の塔 第一幕 (講談社タイガ)[Kindle版]posted with ヨメレバ綾…

「君と時計と嘘の塔」がめちゃめちゃ面白い

「君と時計と嘘の塔」の記事だよ(たぶんネタバレ無し) 積ん読本だった小説「君と時計と嘘の塔」を読んだんですがこれがもうめちゃめちゃ面白かったので記事にします。君と時計と嘘の塔 第一幕 (講談社タイガ)posted with ヨメレバ綾崎 隼,bookwall 講談社 20…

太宰治の「水仙」が好きです

太宰と芥川 太宰治 水仙 忠直卿行状記 まとめ 太宰と芥川 太宰はしばし芥川龍之介と比較されますが、読んでいて「面白い」のは芥川、「刺さる」のは太宰だと個人的に感じています。極端に言えば、芥川は万人受け、太宰はオタク受けと言い換えても良いかもし…

読書について

読書について 最近再び読書熱が湧いてきたので一日一~二冊ペースで読んでいます。 私、文学部なので本を読むのは好きなんですよね。日本文学選考でしたので芥川太宰を始め漱石、志賀直哉、泉鏡花、現代だと吉本ばなな、春樹、江國香織、小川洋子などなど色…