ゴーストインザヘッド

元引きこもりのオタクが送るサブカル・エンタメ系ブログ。マンガ、ラノベ、ゲーム、ガジェットなどを中心に書いていきます。読んだ人をモヤモヤさせることが目標です。

自動更新!!

現在Kindleで読める無料マンガ

雑記ブログで200記事書いたので振り返りなど

雑記ブログで200記事書いた

2018年9月にこんな記事を書きました。

www.gith.xyz

それから3ヶ月弱、当雑記ブログ「ゴーストインザヘッド」は遂に200記事を達成しました!(ワーパチパチ)

ブログとしての施策などは前回の記事から特に変わってないので、よかったら上の記事も読んでみてくださいね。

今回は200記事達成を節目につらつらとPV(アクセス数)や記事執筆についてなど振り返ってみたいと思います。

PVについて

ありがたいことに当ブログはこれまではてなブックマークのホッテントリや、SmartNewsに掲載されるなど何度かそこそこの「バズ」を起こすことに成功しています。


 
 
 


しかしながら100記事の時点では、通常時の一日のPV数は500~750程度でした。
 
 
それから更に100記事。
200記事となった現在のPV数は1200~1500/日ほどまで伸びました

正直200記事書いてこのPV数は少ないような気もするんですが……がむしゃらに記事を量産しただけでも単純に倍になる、というのもひとつの知見になるのではないでしょうか。
 
 
アクセスの傾向としてはブログのサイドバー(PC表示。スマホだと記事下)にあるPVでソートされる「人気記事」ランキングのとおり、「ホラー・都市伝説系」がかなり多く、「ギャルゲー」「時計」「マンガ」と続いていきます。

雑記らしくいい感じに分散してるんじゃないでしょうか。
 
 
流石に検索クエリは公開できませんが、特化サイトでないにもかかわらず、特化サイトの存在する単独ワードでも場合によっては1~3位が獲れると分かったのが大きな収穫でした。

よく雑記ブログはサイトの専門性が薄れるから評価が低めになりがちといいます。

その傾向自体は確かにあるのだろうと思いますが、同一ジャンルの複数記事を作って相互参照の仕組みを作るなどすれば、雑記であってもわりと戦えるということを知ることができました。
 
 

記事執筆について

1日4記事連続3日更新とか無茶なペースで更新していた時期もあったので、一気に記事数を増やすことができました。

これに伴ってか、ありがたいことに「一記事を仕上げる時間はどれくらいですか?」「どうすれば記事を書くのが速くなりますか?」といった質問をポツポツと頂くようになりました。
 
 
まず一記事にかかる時間ですが、これは記事によりけりです笑

たとえばこの記事なんかはめちゃくちゃ時間かかってます。トータルで8時間くらいかかってるんじゃないかなと。

www.gith.xyz

ジャンル別に10作品、合計30作品を選定し、そのすべてに感想と紹介コメントを添え、プレビューを確認し、読みづらい部分があれば修正し……ということをやった力作なので相応に時間がかかっています。
 
 
それに対してこの記事なんかは全然時間がかかっていません。トータルでも30分くらいです。

www.gith.xyz

1000文字以下の記事なんかは当然時間もかからないのですが、上の自動彩色記事みたいなそこそこのボリュームの記事でも、書く内容が予め頭の中で決まっていたら後はそれを吐き出すだけなのでそこまで時間がかからないんですね。
 
 
次に書く速度についてですが、私はそれなりに速い方だと思います。
私は(自分で名乗るのもちょっと恥ずかしいんですが)小説家としても活動していたので、ある程度書く速さがないとやっていけないというのもあります。
 
 
速く書くコツとしては、泥臭い答えですが一定量以上のアウトプットが絶対に必要だと思います。

もちろん構成の仕方や記事の流れ、組み立て方といった方法論はあります。記事のテンプレートを作ってそれに内容を当てはめていく手法とか。

しかしアウトプットが足りていない方がいきなりそれを実践するのは、走り込みや筋トレを一切してこなかった人が、身体の動かし方だけを知識として学んで速く走ろうとしているのと同じだと思います。

基礎体力あってこそだと思うのです。
 
 
とはいえ「何を書けばよいのか」という疑問もあると思います。おすすめなのが「要約+感想」です。

たとえばニュースブログを立ち上げ、様々なニュースを紹介した上でそれを自分で200字程度に要約、さらに自分の考えを添えればもうそれだけで1記事です。

これをできるだけ毎日やることで要約力と執筆速度の両方を鍛えることができ、トレンドブログとしても成長すると思うのでオススメの方法の一つです。これからブログをやろうかな、と思っている方はご参考までにどうぞ。
 
 

まとめ

というわけで、おかげさまで200記事の節目を迎えることができました、という記事でした。

これもひとえに読者の方がいるからこそです。いやおべっかじゃなくてマジです。

PVがあると「読んでくれてる人がいるんだな」ってめちゃめちゃモチベーションになりますので。

300記事、500記事、1,000記事と続けていけるようマイペースにやっていきたいと思いますので、今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。