ゴーストインザヘッド

読んだ人をモヤモヤさせることが目標です。

絶対泣ける!? 心が疲れた時に観たい珠玉の名作映画10選!
洒落怖(洒落にならないほど怖い話)・ホラー好きな話ランキングぅ~!パフパフ~!
漫画オタクが選ぶ、10巻以内で完結している面白いマンガ20選!
マイナーだけど本当に面白いマンガ30作品を自称ソムリエが選抜【ジャンプ無し】
ThinkPadちゃんに恋してる
私がチタン印鑑をオススメする5つの理由
SCPの入り口としておすすめの20体を紹介します
イジらないで、長瀞さんが最の高だった
「いなくなれ、群青」感想

洒落怖(洒落にならないほど怖い話)・ホラー好きな話ランキングぅ~!パフパフ~!

洒落怖 ランキング

お久しぶりです。久しぶりの更新です。存在を忘れてたわけじゃないよ。

今日は怖いのがめっちゃ苦手なくせにネットで怖い話を読むのが好きという特殊性癖を持つ私が、「洒落怖(「洒落にならないほど怖い話を集めてみない?」スレッドに投稿された話)」を始めとしたインターネット上の怖い話を厳選、ランキング化してご紹介します。

たぶんメジャーなラインナップになると思うのでインターネット長期滞在マンのみんなはもう知ってると思うけど、久しぶりに名作を読み返すのもいいんじゃないでしょうか。

ということでさっそくいきましょう。

第10位 姦姦蛇螺(かんかんだら)

http://syarecowa.moo.jp/271/8.html

登場~追われるシーンあたりが一番怖いのですが、最後まで読むと怖さより悲しさが勝りますね。


第9位 巣くうもの(すくうもの)

http://syarecowa.moo.jp/208/6.html

シリーズ物です。

初回はまだホラー味がありましたが、だんだんバトルモノみたいな感じになっていくんですよね。


第8位 師匠シリーズ(ししょうしりーず)

師匠シリーズ

大学生の主人公が「師匠」と呼ばれる先輩と繰り広げるオカルト体験を描いたもの。

怖さはあまりないですが読み物として面白かったです。


第7位 ヒッチハイク(ひっちはいく)

http://syarecowa.moo.jp/233/38.html

サイコホラーと思わせてからの大オチはかなりゾッとしました。


第6位 くねくね

http://syarecowa.moo.jp/31/756.htm

いわゆる「知らないほうがいい」系の話。

結局くねくねって何なの? と姿が分からないまま終わるところが不気味さを引き立てます。


第5位 邪視(じゃし)

http://syarecowa.moo.jp/186/53.html

「自分もやってしまいそうな何気ない動作が怪異を呼んでしまう」ってパターンは怖いですよね。

だんだん迫ってくる描写も秀逸です。


第4位 八尺様(はっしゃくさま)

http://syarecowa.moo.jp/196-2/71.html

ポーッポー! ポーッポポポポポポッポッポポッポー!!

今でこそネタやら二次創作が沢山出ていて怖さが薄れていますが、初見の怖さはピカイチだと思うんですよね。


第3位 リゾートバイト(りぞーとばいと)

blog.livedoor.jp

体験談風の創作ホラーとしてはひとつの完成形じゃないでしょうか。
ホラーとしても読み物としても良くできていると思います。


第2位 やってくる(「ちょっと変な趣味」「双眼鏡」などとも)

blog.livedoor.jp

これも邪視と同じく"降りてくる"系の話。
シンプルだけどよくできていて、一人暮らし時代にこの話を読んだ際は震えて夜を明かしました。


第1位 リアル(りある)

http://syarecowa.moo.jp/264/5.html

かなり長いけどこれは初見ほんとに怖かったです。

出現時の描写も怖いし、オチもゾッとします。文句なしの一位。


番外編 渡リ烏のオカルト日誌(わたりがらすのおかるとにっし)

https://ncode.syosetu.com/n6477dp/

小説家になろうのホラーランキングで見つけた作品なんですが、あらすじを引用します。

「私、メリーさん。今、貴方の隣にいるの」

大学入試で都会へ出てきた男子高校生、滝沢辰は、そこで自らを都市伝説の一角だと名乗る、風変わりながら美しい、女学生に出会う。
互いに言い様のない親近感を覚えていた矢先、二人は奇妙な怪現象に巻き込まれることとなり、人知れず奔走するのだが……。
「きっとあれは運命だったのよ」自称都市伝説の女は、夢見がちに語り。
「奇妙な縁だった事は認めるよ」男はそう言って、照れ臭げに肩を竦める。

なんやかんやで同じ大学に進学した二人は、その時の体験や自分達の〝特異体質〟の事情を切っ掛けに、趣味も兼ねたサークルを立ち上げた。
『渡リ烏倶楽部』
それは、幽霊やその他、この世に存在するありとあらゆる怪異や謎。超常現象。都市伝説に触れて回るオカルト研究サークル。
この物語は、そんな幽霊が視える二人の出会いから始まった、摩訶不思議な怪奇譚目録である。

時に恐怖に震え、時に心踊らせながら、友達以上恋人未満の二人が今日も行く――。

もうね、この時点で大好物な確信があったんですけど、読み始めたら止まらず2日くらい仕事になりませんでした



さっそくツイッターでちょっと呟いたら読んでくれた方の感想がこちらです。





※お二人勝手に引用しちゃったけどマズかったらすぐ消します


作者の黒木 京也さんは『名前のない怪物』って作品も書いててこっちは最近書籍化&メディアミックスしています。

名前のない怪物 蜘蛛と少女と猟奇殺人 (宝島社文庫)

名前のない怪物 蜘蛛と少女と猟奇殺人 (宝島社文庫)


こっちはホラーと言うより能力バトルモノに近いですが面白いのでこっちもおすすめです。



洒落怖まとめ


というわけでひっさびさの更新でした。

季節外れのホラーもたまにはいいと思いますよ。洒落怖はサクっと読めるところがgoodです。

みんなの好きな話はあったかな!?!?

おわり!

ポポポのお姉さん (1) (MFC キューンシリーズ)

ポポポのお姉さん (1) (MFC キューンシリーズ)