ゴーストインザヘッド

元引きこもりのオタクが送るサブカル・エンタメ系ブログ。マンガ、ラノベ、ゲーム、ガジェットなどを中心に書いていきます。読んだ人をモヤモヤさせることが目標です。

現代社会の必需品?オススメのモバイルバッテリー7選!
【決定版】超絶おすすめのギャルゲーをご紹介!【全年齢】
漫画オタクが選ぶ、10巻以内で完結している面白いマンガ20選!
オタクが選ぶ「ラノベの奇書10選」
ブログ初心者にもしもアフィリエイトをおすすめする7つの理由
【最新版】いつでもどこでも!スマホアプリでプレイ可能なギャルゲー!
絶対泣ける!? 心が疲れた時に観たい珠玉の名作映画10選!
洒落怖(洒落にならないほど怖い話)・インターネットホラーランキング
【自称ソムリエが厳選】マイナーだけど本当に面白いマンガ【ジャンプ無し】
プレゼントにも!1万円以内で買えるおすすめボールペン7選!
今こそ聴きたい80's洋楽ヒット曲ベスト20【80年代】
ThinkPadちゃんに恋してる
SCPの入り口としておすすめの20体を紹介します

自動更新!!

現在Kindleで読める無料マンガ

ムーの少年/滝本竜彦 感想

ムーの少年/滝本竜彦(ネタバレ無し)

滝本竜彦といえば、『NHKにようこそ!』が思い浮かぶ……というかそれしか思い浮かばない人も多いことでしょう。
でも私が個人的に一番好きな彼の小説は『ムーの少年』です。

あらすじとしては、オカルト雑誌の「ムー」を愛読する14歳の中学二年生・中島が、少々イカれた美少女・弓子さんに恋をして……という感じ。

「先生、僕のお話ホントにホントに聞きたいですか?だからつまり、つまりそうなんです、この屋上にひっそり忍び込んだ僕が、いまこうして先生と遭遇しちゃったみたいに、あの日の弓子さんも気づけばすぐ後ろに佇んでたんです。ごごご、ゴルゴ13なら殴り倒してたところですよね、アハハハ…」でも僕は弓子さんを殴り倒さず恋をした。14歳の初恋だった。しかし彼女は夢見がちな人だった。魔法使いだったのだ。もはや、虚構の世界の妄想に精神を飲み込まれた彼女を救えるのは、雑誌『ムー』を愛読し、日々オカルトを実践している僕しかいない!ねぇ、フォボス…もしかしたら僕、ガールフレンドができたのかもしれないよ…。

Amazon「商品の説明」より

この作品は読み終える度にひどく不安定な気持ちになります。
キョンとか折木奉太郎みたいなやれやれ系ではなく、「CHAOS;HEAD」の拓巳みたいなイタさが溢れ出るタイプの主人公です。

掴み部分はまだ少々変わったボーイ・ミーツ・ガールかな、とも思えるんですが、中盤から終盤にかけての流れは難解というよりわけがわからないし、登場人物はみんなイタい(主人公は「ムー」の通販広告で買った"人工精霊フォボス"を持ち歩いています)し、なんなら作者のあとがきが一番イタいまであります。


「すべてが思いのままになる非現実の世界」と
「なにもかもがうまくいかない現実の世界」、そして、
「現実の世界に現れる非現実の幻影」

これら三つの要素が絡み合って、複雑な、気持ち悪い(褒め言葉)世界観が形成されているようです。

どれだけ馬鹿みたいなことであっても、それを追うのが正しいことだと僕にはわかってしまった

と最後に主人公が選択するのは、果たして。
(ラストのセリフが「さよなら」ではない点にも注目)

魔法と人工精霊と天国と現実とツチノコが入り乱れたボーイ・ミーツ・ガールの物語、機会があれば是非読んでみてください。

ムーの少年

ムーの少年

NHKにようこそ! (角川文庫)

NHKにようこそ! (角川文庫)

NHKにようこそ! 1-8巻セット

NHKにようこそ! 1-8巻セット