ゴーストインザヘッド

元引きこもりのオタクが送るサブカル・エンタメ系ブログ。マンガ、ラノベ、ゲーム、ガジェットなどを中心に書いていきます。読んだ人をモヤモヤさせることが目標です。

現代社会の必需品?オススメのモバイルバッテリー7選!
【決定版】超絶おすすめのギャルゲーをご紹介!【全年齢】
漫画オタクが選ぶ、10巻以内で完結している面白いマンガ20選!
オタクが選ぶ「ラノベの奇書10選」
ブログ初心者にもしもアフィリエイトをおすすめする7つの理由
【最新版】いつでもどこでも!スマホアプリでプレイ可能なギャルゲー!
絶対泣ける!? 心が疲れた時に観たい珠玉の名作映画10選!
洒落怖(洒落にならないほど怖い話)・インターネットホラーランキング
【自称ソムリエが厳選】マイナーだけど本当に面白いマンガ【ジャンプ無し】
プレゼントにも!1万円以内で買えるおすすめボールペン7選!
今こそ聴きたい80's洋楽ヒット曲ベスト20【80年代】
ThinkPadちゃんに恋してる
SCPの入り口としておすすめの20体を紹介します

自動更新!!

現在Kindleで読める無料マンガ

ツイ廃になる為の心構え

ツイ廃になる為の心構え

ブログネタを募集したところこんなものをいただきました。


そこで今回はTwitter歴8年の私が、最もTwitter廃人だった頃(大学生時代)の生活を顧みて、「Twitter廃人になるには?」のハウツーを記事にしたいと思います。
 
 
 

ツイ廃への道 その一「外に出るな」

「外に出る」ということは単純に考えてめちゃめちゃ時間がかかります。

たとえば飲み会が2時間だったとします。しかし移動時間や集まってからお店に行く時間、終わった後のグダグダなど、全部入れたら(移動時間にもよりますが)3時間4時間はかかっているんじゃないでしょうか。

だから外に出るのをまずやめましょう

出るとしても必要最小限にとどめます。とはいえ食べ物はどうしても必要なので、できればネットスーパー、ダメなら徒歩圏内のコンビニやスーパーへ原付バイクなどで往復すると時短になりおすすめです。
 
 
 

ツイ廃への道 その二「いついかなる時もTwitterを開いておけ」

PCはもちろん、スマホなどの端末でも常にTwitterに繋いでおきます
そして食事、入浴、観ている動画などなどあらゆる「してること」をリアルタイムでネットに垂れ流していきましょう。セルフ「トゥルーマン・ショー」です
なお個人情報に繋がるもの(特に写真ね!ベランダからの景色とかでも特定されるから気をつけてね!!)の投稿には十分気をつけてください。
 
 
 

ツイ廃への道 その三「ツイ廃同士で交流しよう」

上記の内容を見て「そんなやつおらんやろ」と思った方は幸せです。
今までの人生でそういった人をネット上ですら見たことがなかったのでしょう。

でもね。いるからね?

実際私引き篭もって1日18時間くらい毎日Twitterしてたし。

さてこれだけネットにズブズブだと同じようにネットにズブズブマン、あるいはウーマンが見つかるでしょう。
そこで、彼ら彼女らと積極的に交流を図りましょう。
するとそれまで一方向(投稿のみ)であったTwitterというツールが、コミュニケーションのツールへと変わり、一気に没入感が増します
 
 
 

ツイ廃への道 その四「Twitterを全力で楽しもう」

ここまで来た人にとってTwitterはもはや「世界を見るための窓」になっていることでしょう。
社会がどうなっているのか、友人関係、自分の暮らしも、すべてTwitter上にあります。

まさに「セカンドライフ」です。ネタツイを練ってバズを狙うも良し、雑談に興じるも良し、ニチアサ実況するも良し、Twitterという世界を全力で楽しんでいきましょう!
 
 
 

まとめ

映画を部屋で見ながらも、食事中も、お風呂でもTwitterを開き、睡眠時間を削ってまで青い鳥を眺め続けるようになったらあなたは立派なツイ廃です。

目安ですが一日1000ツイートをコンスタントに超えるようになったら廃人に足を踏み入れ、1500以上、規制されてサブ垢に以降するレベルになればどこに出しても恥ずかしくない廃人でしょう。

こうなったら抜け出すのはなかなか大変ですがまあ抜け出さなくてもいいんじゃないかな。楽しいからやってるんだし。飽きが来たら自然と頻度も下がるんじゃないですかね。私は一回飽きてまた戻ってきたよ。

さあ、みんなもTwitterを楽しもう!☆

はじめての今さら聞けないツイッター入門[第2版] (BASIC MASTER SERIES)

はじめての今さら聞けないツイッター入門[第2版] (BASIC MASTER SERIES)

この一冊で面白いほど人が集まるSNS文章術 (青春文庫)

この一冊で面白いほど人が集まるSNS文章術 (青春文庫)