ゴーストインザヘッド

元引きこもりのオタクが送るサブカル・エンタメ系ブログ。マンガ、ラノベ、ゲーム、ガジェットなどを中心に書いていきます。読んだ人をモヤモヤさせることが目標です。

現代社会の必需品?オススメのモバイルバッテリー7選!
【決定版】超絶おすすめのギャルゲーをご紹介!【全年齢】
漫画オタクが選ぶ、10巻以内で完結している面白いマンガ20選!
オタクが選ぶ「ラノベの奇書10選」
ブログ初心者にもしもアフィリエイトをおすすめする7つの理由
【最新版】いつでもどこでも!スマホアプリでプレイ可能なギャルゲー!
絶対泣ける!? 心が疲れた時に観たい珠玉の名作映画10選!
洒落怖(洒落にならないほど怖い話)・インターネットホラーランキング
【自称ソムリエが厳選】マイナーだけど本当に面白いマンガ【ジャンプ無し】
プレゼントにも!1万円以内で買えるおすすめボールペン7選!
今こそ聴きたい80's洋楽ヒット曲ベスト20【80年代】
ThinkPadちゃんに恋してる
SCPの入り口としておすすめの20体を紹介します

自動更新!!

現在Kindleで読める無料マンガ

実生活に友達が一人もいない私がメリットとデメリットを解説します

友達が一人もいない

突然ですが私には「友達」と呼べる相手が、実生活においてただの一人もいません

休日に友人とどこかに出かけたり、旅行に行ったりすることは一切ありません。
職場の同僚とは就業中に雑談に興じることもありますが、個人的に飲みに行ったりすることはありません。
 
 
こういうことを発信すると「本当は友達がほしいと思っている」「自分でも気付いていないだけで内心は気の許せる相手を求めているのでは」と思われがちですが、私にとってそれはネットを通した相手で全て賄える(賄える、という言い方もおこがましいですが)ものです。

むしろ、後述する私の性格上、「ネット上の友人」の方がはるかに性に合っているのです。

※オフ会などでまれに対面する相手も含みます。
 
 
ネット上ではハンドルネームを持って交流しているため「一切他者との交流を持たない」というわけではありませんが、実生活、いわゆる「リアル」での友人がいないことについて今回は色々と書いていきたいと思います。

友達がいないことのメリット、また友達がいないことの原因についても考えていますので、私の逆の行為をするようにすれば、友達ができる(増える)かもしれません。ご活用下さい。
 
 
 

友達がいないことのメリット

「友達がいないことのメリット」ってHowTo記事みたいに書くの我ながらサイコパスっぽいですが、気にせずにみていきましょう。

余計な時間を取られない

「余計な時間」なんて書くと「余計だなんて思っていない!」と反論があるかもしれませんが、飽くまで私の目線で考えたものです。あしからず。

遊びに誘われて休日を消費したり、飲みに誘われて仕事終わりの時間が無くなったりといったことがありません。
また予定が入っていたのに「大事な用事だから」と強く誘われたりとか。
それから「付き合い」みたいなものもありますよね。友人に頼み込まれてお祭りの手伝いに行った、みたいな。そういうのは一切ありませんので時間を自分のために使えます。

家族や恋人のいる方は、友達付き合いに割いていた時間を家族や恋人のためにも使えるでしょう。
 
 

余計なお金を取られない

前項とほぼ同じなんですが、飲みに誘われて参加費を払ったり、遠出に誘われて交通費や食費がかかったりといったことがありません。
それから馬鹿にならない金額のご祝儀やお香典ですね。「かえってくるもの」とは言いますが、この理論私は疑問に思います。
10人の友人の結婚式にご祝儀を3万円ずつ渡したら30万円ですよね。加えて交通費や宿泊費も全額出してくれる場合以外では持ち出しがあるでしょう。
自分が結婚したときに1人でも貰えなかった、もしくは額が少なかったら赤字です。だったら最初からやりとりしなきゃプラマイゼロです。
実際サンプルを取って統計的に検証したら、ご祝儀やお香典を送りあった場合と一切送らなかった場合、後者の方がプラマイゼロな分損失が少ないのではないでしょうか。

家族や恋人のいる方は、友達付き合いに割いていたお金を家族や恋人のためにも使えるでしょう。
 
 
 

友達がいないことのデメリット

メリットを書いたのにデメリットを書かなければフェアじゃないので、一応書いていきたいと思います。

遊びに行く相手がいない

「休日は一歩も家から出たくない」という出不精の私にとってはデメリットにならないんですが、多人数で色々出かけたりしたい人はデメリットになるかもしれません。
出かけるとしても数ヶ月~年一回くらいでいいって人ならネットのオフ会に参加すれば解決です。
 
 

話し相手、相談相手がいない

これもだいたいネットで解決するんじゃないでしょうか。
相談の場合、個人情報の絡んだ深い相談となると難しいかもしれませんが、状況だけ伝えて説明すれば無理ってこともないかと。
 
 

何かあったときに駆けつけてくれる、頼れる相手がいない

友だちがいない私には分からないんですが、世の中の人は「この人はいざというとき助けてくれるだろうな」なんてこと考えながら友人づきあいをしてるんでしょうか?
自力で解決できなさそうな事態を不確かなものに頼るよりも、お金を溜めておくとか、保険に入るとかでリスク管理をすれば良いのではないでしょうか。
 
 

人間的に浅い

うるせえ。
 
 

結婚式に呼ぶ友人がいない

「お一人様生活」で最大のデメリットは個人的にこれです。
妻と結婚し、こんな会話がありました。

私「結婚式に呼ぶ友達がいない」
妻「本当に? 一人くらいいないの?」
私「本当に、一人も、いない」

まあ私も義務教育を経て大学まで出ていますから、卒業アルバムやFacebookからなんとか昔の同級生を調べ、「私のこと覚えてる??」から始まって拝み倒せば出席してくれる人は何人かいたかもしれません。
しかしそんな思いまでして無理やり頭数を揃えるならばサクラサービスでも利用したほうが幾分かマシでしょう。

幸いサクラサービスを使うなんてことはなく、当人同士と親戚だけの式となりました。
落とし所としては、式は当人+親戚、妻は別途食事会を催して仲の良い友人を招く、という形となりました。
 
 
 

友達がいない理由

友達がいない理由について、その大部分を占めているものはなんとなく察しがついています。
それは「死ぬほど面倒くさがり」なことです。

私も学生、社会人と人生を送っている間、一人も会話をする相手がいなかったわけではありません。

顔をあわせれば挨拶をする、メールアドレスを交換する、同じグループになれば会話をするという相手はいました。

しかしそこから踏み込んで「プライベート」な時間を共有する相手はいませんでした(今もですが)。
それはひとえに、私が「面倒くさがり」なことに起因すると思います。
 
 
たとえば高校の同級生がメールをくれたとします。
私はそれを見て、なんて返そうかなと考え、あっあの漫画読んでないやと読み始め、結局その日は忘れ、翌日以降に思い出してもまあいいや、と放置します。

たとえば放課後遊びに誘われたとします。
私は今日の予定について考えます。別に行くところもやることもないけどなんか疲れたしごろごろしたいな、と思います。そして「悪いけど……」と断ります。

気が向いたときに遊びに行ったらそれはそれで楽しいと私も思うんですよ。ただ基本的に「気が乗らない」ときに制御できない誘いや連絡が来るのを嫌うんですよね。だったら最初から来ない状態にしておいたほうが良いと。

元々社交的な方ではなく、そんな中で数少ないアプローチを面倒くさいから自分からシャットアウトしていると、いずれそのコミュニティ内では誘われたり連絡が来たりすることが無くなります。「お一人様」状態の完成です。
 
 
コツというかポイントとしては、表立った攻撃の対象となることがないように穏便に断ることです。また、自分から「私は友達がいないんです」と公言しないことです。
こうすることでいじめや迫害の対象になることなく、学校や職場といった非プライベート空間での立場を保ちつつ生活できます。裏で言われてるかもしれませんがどうせ関わらない相手ですので知ったこっちゃないです。悪意が表に出なければ問題ありません。
 
 
なお「疎遠になってたまに会う友人」であればネット上の友人とほぼほぼ条件が変わらないと思いますが、疎遠になってでも定期的に連絡を取り合うような密な関係に一度なる必要があるため、やはりこれは難しいでしょう。
 
 

まとめ

自分の好きなタイミングでコミュニケーションを取り、気が進まなかったり面倒だったら何もしなくていい。
実生活の友人を持たないことで、ネットだけの気安い関係で他者との繋がりは保ちつつ、よけいなしがらみに縛られることなく生活できます。

現代社会におけるライフハックですね。ぜひご活用下さい。