ゴーストインザヘッド

元引きこもりのオタクが送るサブカル・エンタメ系ブログ。マンガ、ラノベ、ゲーム、ガジェットなどを中心に書いていきます。読んだ人をモヤモヤさせることが目標です。

現代社会の必需品?オススメのモバイルバッテリー7選!
【決定版】超絶おすすめのギャルゲーをご紹介!【全年齢】
漫画オタクが選ぶ、10巻以内で完結している面白いマンガ20選!
オタクが選ぶ「ラノベの奇書10選」
ブログ初心者にもしもアフィリエイトをおすすめする7つの理由
【最新版】いつでもどこでも!スマホアプリでプレイ可能なギャルゲー!
絶対泣ける!? 心が疲れた時に観たい珠玉の名作映画10選!
洒落怖(洒落にならないほど怖い話)・インターネットホラーランキング
【自称ソムリエが厳選】マイナーだけど本当に面白いマンガ【ジャンプ無し】
プレゼントにも!1万円以内で買えるおすすめボールペン7選!
今こそ聴きたい80's洋楽ヒット曲ベスト20【80年代】
ThinkPadちゃんに恋してる
SCPの入り口としておすすめの20体を紹介します

自動更新!!

現在Kindleで読める無料マンガ

「あいみょん」めっちゃ良いみょん!

あいみょん


月イチくらいでツイキャスを放送してるんですけど、いつものように一人で入ったカラオケ店のフロアでUsenか何かが流れてるんですね。

んでいつもだったら特段気にしないでドリンクバーやトイレに行って部屋に戻るだけなんですけど、その日流れてた曲が妙に気になりました。

なんというか、耳に残るんですよ。
よくよく耳を傾けてみたら

ダラダラと流れる青春の音
乾いたメロディは止まないぜ

う~~ん、良い。

誰の何ていう曲だ? と調べたらすぐに出てきました。

曰く、「あいみょん」の「君はロックを聴かない」。
 

君はロックを聴かない

君はロックを聴かない

  • あいみょん
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 
これがたまたまネットの記事とかで名前を見かけていたら「ふざけた名前しやがって何が「みょん」だ」って曲さえ聴かなかったと思うんですが、曲から入ったので幸いでした(?)
 
 
個人的に、音楽を聴くときってかなり歌詞を重視するんですけど、この人の言葉選びには天性のものを感じました。
 
 
まずタイトルが良い。
 
 
「君はロックを聴かない」
 
 
○○は××ない」の王道パターンね。否定かつ言い切ることで印象に残りやすい効果があると思います。

www.gith.xyz

 
 
サビも良いんですよ。

君はロックなんか聴かないと思いながら
少しでも僕に近づいてほしくて
 
https://www.uta-net.com/song/232843/

 
 
「君はロックなんか聴かない」って「僕」はわかってはいるんですけど、「少し寂しそうな君」をなんとか元気づけたくて、かつて「僕」が恋に焦がれ、乗り越え、胸を痛めてきた旧いロックのドーナツ盤(レコード)に針を落とすんだ……とそんな曲です。
 
 

他の曲も聴いてみた

一気に気になって他の曲も色々と聴いてみたんですが、""ザ・メンヘラテーマパーク""みたいなドロッドロの曲から爽やかなナンバーまで、幅の広さに感心しました。

歌詞自体は難解な比喩とかボカシを入れずに割とストレートなんですよね。
ただその言葉選びに「ハッ」とさせられるんですよ。

たとえば18歳の時に書いたという曲「19歳になりたくない」の出だし、

明日になれば私
何か変わっちゃうかな
 
https://www.uta-net.com/song/196241/

19歳になりたくない

19歳になりたくない

  • あいみょん
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


タイトルと上の部分を見れば「あ~いわゆる"大人"になることへの漠然とした不安感みたいなものを歌った曲なんだな」ってなんとなく想像がつくと思うんですけど、普通「大人」との境界って考えたら法的に色々認められる「18歳」か「20歳」を選ぶと思うんですよね。
 
 
例えば村上春樹の『ノルウェイの森』にはこんな台詞があります。

思うんだけど人って、十八と十九の間を行ったり来たりするべきなのよ。十八が終わったら十九になって、十九が終わったら十八になるの。そしたら、そしたら……色んなことがもっと楽になるのに

「二十歳になること」を大人になること、つまり、子供世界から出ていかなくてはいけないことと捉え、変わってしまうことへの不安感と、いつまでも子供と大人の境界線上にいたいという想いが漏れ出るヒロインの台詞です。
 
 
19ってすごく中途半端な年齢だと思うんですよ。18で高校を出て、就職したり大学に行ったりといわゆる「子供」から一歩踏み出したけれど、20歳にはなっていないからお酒も煙草もだめっていう、まさに子供と大人の「境界」にある不思議な年齢だと。

それでも敢えて「19歳」を主題に据えているのは、「子供世界から踏み出したくない」という恐れを強く主張したいためかなあなんて考えます。一般的に18歳までは高校生ですしね。

18歳から踏み出したくないという想いが、

本当の自分に
気づくことは少し怖いんだ
 
https://www.uta-net.com/song/196241/

に繋がってくるのかもしれません。
 
 

あいみょんかっこいいみょん

上で""ザ・メンヘラテーマパーク""って言ってますけど特にインディーズの頃の曲は結構イロモノチックというか、どきつい曲が多いです。

でも言葉選びのセンスは抜群だし、曲自体もカッコいいんですよ。

私が勝手に感じてるだけかもしれませんが、ちょいちょい椎名林檎感があります。

声とかじゃないよ(声だけ取れば阿部真央あたりに似てると思う)。雰囲気っていうかコード運びが「っぽい」ってだけ。

かといって全部の曲がそうなんじゃなくて、曲によって全然雰囲気が違う。
 
 
なんだか物凄いポテンシャルを感じるアーティストです。

私は完全にハマりました。

名前で敬遠している方はぜひ一度聴いてみてください。