ゴーストインザヘッド

元引きこもりのオタクが送るサブカル・エンタメ系ブログ。マンガ、ラノベ、ゲーム、ガジェットなどを中心に書いていきます。読んだ人をモヤモヤさせることが目標です。

自動更新!!

現在Kindleで読める無料マンガ

法人からの注文は「Amazonビジネス」を利用するとめちゃめちゃ捗るぞ!

Amazonビジネス

会社でAmazonを利用する場合…

ホームページだのデザインだの色々やりますが、私は一応事務職なので、備品や書籍などの発注を行うこともあります。

ASKLUやSmartOfficeなどのカタログ系はよく使うのですが、SDカードなどの電子機器や書籍なんかはAmazonを使うことも度々あります。
 
 
しかしAmazonの支払手段って会社だと面倒くさいんですよね……。

うちは社用のクレジットカードが無い会社なので、
 

  • 個人のクレカで建て替え、クレカの明細を支払証明書に添付して経理に提出(一番やりたくない)
  • コンビニ払い(仮払いでお金貰ってコンビニ行って支払って領収書を提出。やりたくない)
  • 代引き(受付の子に"めんどくせえことしやがって……"って目で見られるのでやりたくない)
 
のいずれかで、どれも面倒くさくてあまりやりたくないんですよ……。
 
 
そこで知ったのが「Amazonビジネス」アカウントです。

その名の通り会社や個人事業主じゃないと利用できないんですが、登録費・年会費は無料で作成でき、なんと請求書による後払い(銀行振込)ができるようになるんです!

本当に手間の革命でした。
 
 
というわけで、まずは「Amazonビジネス」のメリットを詳しく見ていきたいと思います。
 
 

メリット1 法人向けの商品が利用できる

これまでのAmazonの商品に加え、「ビジネス向けセレクション」が商品一覧に追加されます。

さらに、ビジネス向けの特別価格や購入対象商品の数量に応じて割引がされる「数量割引」が多数の商品に適用されます。

経費削減という点で大きなメリットになりますね。
 
 

メリット2 個人アカウントにない支払い方法が可能

個人的にはこれが一番のメリットに感じます。

法人向けクレジットカードはもちろん、請求書による後払いにも対応しています。
 
もちろん個人アカウントで利用できたコンビニ払い・ATM・ネットバンキング・電子マネー・代金引換などの決済方法も利用可能です。
 
 

メリット3 複数ユーザーで利用可能

チームや組織、部門といった社内の複数名によってひとつのビジネスアカウントを管理できます。
 
ひとつのビジネスアカウントに複数ユーザーが登録でき、さらに購買グループを設定し、支払い方法の共有が可能です。
支払いを一括で行うことができるようになるので、これまでの立て替えて購入していたり、都度都度処理していた経理の手間が削減されます。
 
また、上長など任意のユーザーに対して承認権限を付与できます。たとえば一定金額に応じて発注承認がないと購買ができないよう設定が可能です。
 
さらに、購買履歴をグラフ・表で表示できます。個別のユーザや部門別に管理が可能なので、経理処理や帳簿の作成が楽になります。
 
 

デメリット

特に無いです。

Amazonビジネス」アカウントは個人アカウントの上位互換と言えるものです。

個人アカウントでできることはビジネスアカウントでも可能ですし、なにより個人とビジネスと分けて持つことも可能ですので、「Amazonビジネス」を利用することでマイナスになる点はちょっと思いつかないです。
 
 
無理やり絞り出すならユーザが増えることでの管理上の手間だとかセキュリティといった二次的なことですが、個別のユーザ履歴が残り、また先述の承認権限を活用することでその懸念もだいぶ緩和されるかと。
 
 

よくある質問(抜粋)

特に気になるであろう質問・疑問を「登録に関するよくある質問」より抜粋しました。
 

登録後に費用は発生しますか?また退会には手間がかかりますか?

登録後、強制的に費用が発生したりはいたしません。また退会も数クリックでできるようになっています。

 

ビジネスアカウントの登録手続き後、すぐにサービスを利用できますか?

お客様に登録フォーム上でご登録頂きました情報に基づき、当サイトで企業確認と在籍者からのお申込みである事の確認をいたします。確認は通常3営業日以内に完了します。ビジネスアカウントのご利用が可能になり次第、Eメールでご連絡いたします。なお、ご入力いただいた情報について追加の確認が必要な場合は、別途ご連絡いたします。

 

ビジネスアカウント利用開始後、いつから請求書払いを利用できますか?

ビジネスアカウントの登録完了後、通常3営業日以内に請求書払いのご利用可能準備が整ったことをE メールでお知らせします。Eメール受信後「ビジネスアカウントの管理」から設定をすることで、お支払い時に請求書払いを選択できるようになります。

 

請求書に社印は押されていますか?

請求書には電子印が押されています。実印による押印は受け付けておりません。

 

請求書払いの支払期間は何日でしょうか?

請求書払いの請求は月末締めで、支払い期限は翌月末までです。銀行振込にてお支払いください。

 

請求書払いで購入可能な金額はいくらですか?

購入可能限度額は、請求書払いがご利用可能になり次第、Eメールでご連絡します。購入可能限度額は請求金額のご入金を当サイトで確認したタイミングでリセットされます。購入可能限度額は「ビジネスアカウントの管理」から確認できます。なお、請求書払いでの購入可能限度額に関するご相談はビジネスサポートにお問い合わせください。

 

請求金額の入金先は国内送金扱いですか?

はい、日本国内の銀行への国内送金扱いです。入金先は請求書上にてご確認いただけます。支払い期限までに銀行窓口、ATM、ネットバンキング等でお支払いください。

 

請求書払いで買えない物はありますか?

基本的に当サイトで販売しているすべての商品をご購入いただけます。ただし、デジタルコンテンツなど、ユーザー毎のお支払い方法のみに対応している商品はご購入いただけません。(請求書払いは共通のお支払い方法のみに対応しています)。

 
 

Amazonビジネス まとめ

会社でAmazonを利用することがあるなら、無料で利用できる「Amazonビジネス」は使わないともったいないです。

また企業だけでなく、フリーランスのデザイナーやブロガー、プログラマーの方でも利用できます。

もともと使っていた個人アカウントをビジネスアカウントに統合することも、別個にビジネスアカウントを作ることもどちらも可能です。

会社員の方は勝手にビジネスアカウントを作るわけにもいかないとは思いますが笑、提案すると褒められるかも?! ぜひぜひ検討してみてくださいね~

「Amazonビジネス」に申し込む(無料)