ゴーストインザヘッド

元引きこもりのオタクが送るサブカル・エンタメ系ブログ。マンガ、ラノベ、ゲーム、ガジェットなどを中心に書いていきます。読んだ人をモヤモヤさせることが目標です。

自動更新!!

現在Kindleで読める無料マンガ

塩がカチカチに固まる対策にはこれ!

カッチカチやぞ!(塩が)

お塩って、最後の方になるとカチカチに固まったりダマになったりしませんか?

うちは置き場所が湿気の多い環境なのか、調味料の類がすーぐカチカチに固まっちゃうんですよね……。

その対策に良いよ! ニトリで売ってるよ! って記事を読んで気になっていたのが「珪藻土スプーン」です。

ニトリにあるならAmazonにもあるやろ…と思って探したらありました! しかもニトリより安い!
さっそく3つほど一気に購入したのでレビューします。

 
 

珪藻土スプーン

f:id:nils00:20181109202916j:plain
さっそく開封し、まずは電子レンジで水分を飛ばしました。

珪藻土製というからずっしりした感じかと思いましたが、想像より軽いです。商品説明には13.6gとあります。
スプーン一匙はおおよそ小さじ一杯と同じ容量です。
 
 
調味料ケースにINしておよそ2週間ほど……底の方までがざっとかき混ぜてみました。結果は……
 
ちゃんとサラサラのままになっています!

安いから大丈夫かな……とちょっと心配だったんですが、ちゃんと効果を発揮してくれているようで良かったです。

なお既にカチカチに固まってしまっているものを一晩でばらすほどの強い効果はありませんので、軽くダマになってしまっているものや、予防として入れておくと良いかと思います。

というのも、珪藻土スプーン(やスティック、ブロック)は乾燥剤とは違い飽くまで湿度を調節するものなので、シリカゲルをはじめとした乾燥剤ほどの強い効果はありません

なのでお煎餅、乾物、それからカメラの保存の乾燥剤代わりに……なんて使い方には向きませんのでご注意ください。
 
 
それと大事なことなんですが、珪藻土スプーンでは固まった砂糖を解すことはできません
なぜなら、塩が固まるのは水分のせいですが、砂糖が固まるのは水分で一度蜜状に→乾燥して凝固しているためなので、より乾燥させても砂糖はカチカチのままなのです。

砂糖の場合、霧吹きなどで少量の水分を与えるとほぐれるので試してみてくださいね。
 
 

珪藻土バスマット

同じ珪藻土グッズということでついでにご紹介します笑
少し前に話題になった珪藻土バスマットも実は持ってるんですが、これがなかなか良いものですよ。

我が家ではお風呂掃除をはじめとした「お風呂周り全般」は夫である私の仕事なんですが、面倒なバスマットの洗濯から解放されました。

バスマットって他の洗濯物と一緒に洗えないので、洗濯機が空いてるタイミングを見計らってさっと洗って干して取り込んで……ってやらなきゃいけなくて正直かなり面倒くさかったんです。

珪藻土バスマットを私は思い切って2つ購入して、交互に使用しています。

巷で言われているように吸水性は非常にいいです。
とはいえ、家族全員がびちゃびちゃの足で乗ったあとは吸い込んだ水分はかなりの量です。

私は帰宅時間の関係から最後にお風呂に入るので、自分がお風呂を出て珪藻土バスマットで足の水分を取ったら、そのままもう一つと交換しています。使った方は立てかけて水分を飛ばします。

革靴でもそうなんですが、こういうのは一つだけを毎日使うより、いくつかをローテーションしたほうがかえって長持ちすると思うんですよね。

珪藻土バスマットも登場した当初は5000~8000円もしましたが、今や2~3000円ほどで買えるくらいにまで安くなっているので、このローテーション使用法は密かにおすすめです。
 
 

珪藻土グッズ まとめ

というわけで今回は珪藻土グッズのご紹介でした。
珪藻土グッズに共通する弱点として、強い負荷に弱いというものがあります。

無理な力を加えたりせず、優しく扱ってあげることで長持ちすると思います。
機会があればぜひぜひ試してみてくださいね~