ゴーストインザヘッド

元引きこもりのオタクが送るサブカル・エンタメ系ブログ。マンガ、ラノベ、ゲーム、ガジェットなどを中心に書いていきます。読んだ人をモヤモヤさせることが目標です。

自動更新!!

現在Kindleで読める無料マンガ

雪の季節!靴の滑り止め対策グッズ5選!(雨にも)

f:id:nils00:20181208132959p:plain

靴の滑り止めグッズ

記事執筆時点で12/8、流石にだいぶ寒くなってきましたね。

そろそろ車も冬タイヤへ履き替える時期、特に関東以北はこれから雪が降ることもあるかもしれません。
常に大雪が降るような地域では寒冷地用のブーツ等をお持ちかと思いますが、東京などではなかなかガチ装備をお持ちの方は少ないでしょう。
 
 
しかし朝起きたら雪が積もっていた仕事終わりに雪がちらついていた前日降った雨が翌朝カチカチに凍っていた……なんて経験があるのでは?

交通機関が麻痺してやむなく徒歩で帰宅なんてケースもあるかもしれません。
そんな時にビジネスシューズで移動しなければならない絶望感はすごいですよね……(経験談)

かといって、長靴やスノーブーツで出勤するわけにもなかなかいかないのも本音です。
 
 
前置きが長くなりましたが、今回は雨や雪で滑らないための便利グッズをご紹介します。
 

 

ちょっとした雨や凍結に「ノンスリップステッカー」

駅や学校、オフィス。雪が降らなくとも、雨でタイルやリノリウムの床が濡れ、ツルツル滑る状態になってしまうことがありますよね?

特に革靴って運動靴のような滑り止めがないのでめちゃくちゃ滑るんですよね……(経験談その2)

f:id:nils00:20181208112043p:plain

そんな時におすすめなのがこれ「ノンスリップステッカー」です。

硬質ゴムの滑り止めがシール(ステッカー)状になっている製品で、靴の底にペタリと貼り付けることで滑り止め効果を発揮します。

ビジネスシューズのような底の平たい靴に向けて作られた商品です。
 
 
「こんなの効果あるのかよ」と思うかもしれませんが、驚くほど滑りません。

流石にアイスバーンのような状態では滑りますが、濡れたタイルの床でズルりといくことがかなり減りました。
 
 
なお類似品は100円ショップにもあるのでまあ消耗品と考えればそちらでもいいと思いますが、上の商品は靴用品メーカーの「コロンブス」製のものなのでやはり質も持ちも違います。

ただ汚れを拭いて貼るだけでOKなので取り付けも簡単、おすすめです。
 
 

スニーカーのような靴底の革靴

ご存知の方も多いとは思いますが、スニーカーのようなソール(靴底)を持つビジネスシューズが何社かから出ています。

特にアシックスの「texcy luxe(テクシーリュクス)」は重量自体が非常に軽く、「まるでスニーカーのように」というコンセプト通りの履き心地です。
 
 
スニーカーのようなゴムのソールのため、一般的な革靴に比べ滑り止め効果も高いです。

それでいてアッパー(上部分)には本革(牛革)を使用しているため、パッと見は普通のビジネスシューズに見えます。
この履き心地に取り憑かれた人が後を絶たないのか、2017年のAmazon紳士靴ランキングでは第1位とめちゃめちゃ売れています。

「高級靴じゃないといや!」という方以外や内勤の方には特におすすめです。
 
 
但し、アッパー部分は軽く水を弾く程度で防水効果は無いので、いざ雨の中を歩く際は防水スプレーやクリームなどを施してやるとより安心です。

 
 

うっすら積もった雪に「ハンディユキダス」

濡れた路面やうっすらと積もった雪道におすすめなのがこちら「ハンディユキダス」です。

こちらは引っ掛けて装着するタイプの滑り止めです。

スパイクが無いゴム製の滑り止めのため、硬い床や路面でもカチカチ音がしません。

滑り止め効果はかなり高く、濡れた床や薄雪が積もった路面に安心感をもたらしてくれます。
 
 
しかしスパイクが無いことから、深く積もった雪やアイスバーンのような路面ではやはり滑りますので注意が必要です。それでもツルツルの靴底の革靴よりは随分マシですが。
 
 
黒色かつ、つま先とかかとに引っ掛けるだけなのであまり目立たず、「いかにも後付してます感」が薄いところも魅力的。

f:id:nils00:20181208112615j:plain

使わないときも平たいのでかさばらず、カバンなどに入れておける点もGOODです!
 
 

大雪、カチカチの路面に「滑らんぞー」

アウトドア用品総合ブランドのキャプテンスタッグから、「滑らんぞー」という安直な大変分かりやすい名前のグッズです。
 
 
仕組みとしては先程の「ハンディユキダス」同様、靴にはめるタイプの着脱式滑り止めです。
こちらはスパイクがついているため、深い雪や凍結した路面にも効果を発揮します。
 
 
ただスパイクがあることでタイルなどの床では逆に滑りやすいので注意が必要です。あくまで屋外向きですね。
 
 
またアイスバーン状態の路面は何をやっても滑るときは滑るので、過信は禁物です。
 
 

もうどうしようもない雪は「長靴」

くるぶし以上まで積もった雪では、上に挙げた商品では正直心もとないです。
滑り止めの役目は果たせたとしても、足首から雪が侵入してしまうので、大雪の際は長靴を履いたほうがいいですね。
 
朝起きたらこんもり雪が積もっているようなときのために長靴を一足用意しておくと安心です。
 
 
最近は「ビジネスシューズ風」の長靴も実店舗/通販問わずたくさん売っています。

こちらの長靴は「ウイングチップ」風の装飾が特徴的な一品。

注目すべきなのが靴底です。

「ビジネスシューズ風長靴」って、ビジネスシューズに見た目を寄せているせいか平らな靴底を持ったものが多いんですよね。

しかし雨や雪の日に履くのであれば上の商品のようなゴツゴツした靴底のほうが安心です。積もった雪の上でもがしがし歩いていけるでしょう。

防水性、滑り止め性能ともに高い一品です。
 
 

靴の着脱式滑り止め まとめ

というわけで滑りの度合い(?)に応じてグッズをご紹介しました!
 
 
靴箱や玄関のスペース上なるべく靴を増やしたくない方には、特に「ノンスリップステッカー」と「ハンディユキダス」は雨の日でも効果を発揮するのでおすすめです!
 
 
また防水スプレーを施した「テクシーリュクス」+カバンに「滑らんぞー」を入れておけば、雨からある程度の雪まで幅広く対応できます。
 
 
大雪用に長靴を一足持っておくとより安心ですね。
 
 
今回は足回りの、雨・雪の滑り止め対策(+防水対策)についての記事でした!
ご参考になったら幸いです。ではでは。