ゴーストインザヘッド

元引きこもりのオタクが送るサブカル・エンタメ系ブログ。マンガ、ラノベ、ゲーム、ガジェットなどを中心に書いていきます。読んだ人をモヤモヤさせることが目標です。

現代社会の必需品?オススメのモバイルバッテリー7選!
【決定版】超絶おすすめのギャルゲーをご紹介!【全年齢】
漫画オタクが選ぶ、10巻以内で完結している面白いマンガ20選!
オタクが選ぶ「ラノベの奇書10選」
ブログ初心者にもしもアフィリエイトをおすすめする7つの理由
【最新版】いつでもどこでも!スマホアプリでプレイ可能なギャルゲー!
絶対泣ける!? 心が疲れた時に観たい珠玉の名作映画10選!
洒落怖(洒落にならないほど怖い話)・インターネットホラーランキング
【自称ソムリエが厳選】マイナーだけど本当に面白いマンガ【ジャンプ無し】
プレゼントにも!1万円以内で買えるおすすめボールペン7選!
今こそ聴きたい80's洋楽ヒット曲ベスト20【80年代】
ThinkPadちゃんに恋してる
SCPの入り口としておすすめの20体を紹介します

自動更新!!

現在Kindleで読める無料マンガ

短編「ゴースト・メランコリヰ」

f:id:nils00:20190111194854j:plain

※「NEXT」で次ページに遷移、「PREV」で戻ります。
 



「ゴースト・メランコリヰ」
 
 これは今から十年ほど前、僕が大学生だった頃の話だ。
 予め断っておくと、この話は僕が何かを成し遂げたとか、恋が成就したとか、そういったドラマティックで、オチ・・のある話じゃない。それでもよければ聞いてほしい。
 
  *
 
 受験戦争を乗り越え、遠方の大学になんとか合格した僕は、とある木造アパートの一室を借りた。
 実家はあまり裕福な方ではなかったので、仕送りは期待できなかった。だから奨学金と、決して高いとは言えない賃金のアルバイトでなんとか生活していた。そんな貧乏学生の僕なので、借りた部屋は当然それ相応だった。
 トイレは共同、立て付けの悪い窓やサッシは開けるのにかなりの力が必要で、隣室との壁はベニヤ板みたいにペラペラだ。
 とはいえ屋根も壁もあるし、お風呂はちゃんとお湯だって出る。一万五千円という破格の値段で借りているのだから贅沢は言えなかった。元々住環境にこだわりの無い僕だ。住めば都の言葉の通り、慣れてしまえばそれなりに快適な部屋だった。
 ただ一点――その部屋には僕以外の住人がいた、という点を除いては。
 
 その夜。引っ越しの片付けを終えた僕は、普段は絶対に買わない(発泡酒ではない)ビールと肉をたっぷり使った野菜炒めで、新生活に向けたささやかな祝杯をあげようとしていた。
 醤油を小皿に注ぎ、プルタブを開けたその時、ふと視線を感じ顔を上げた。直後。僕の悲鳴とともに、肉野菜炒めと二五十円のビールは無残にも床にぶち撒けられることとなった。
 今でもあの時ほど驚いたことはない――ひっくり返ったちゃぶ台の向こう、部屋の隅に、女性が座っていたんだ。

 若い女性だった。整った顔立ちをしているが、長い黒髪に隠れてよく見えなかった。
 白を基調とした小奇麗な格好をしており、袖口から覗く肌も異様に青白かった。
 僕は目を閉じ、眉間を強めに揉み、また開いた。やはり、いる。小さく息を呑み、再び目を閉じる。
 いくらボロアパートとは言え、流石に鍵はかかる。
 加えて引っ越しの作業をしている間、僕は押し入れを含め部屋中を動き回ったが、誰にも出会うことはなかった。単身アパートなのだから当然だ。
 それにちょっと歩いただけでギイギイ床が軋むこの部屋で、僕に気付かれずに移動するなんて不可能だ。
 そういったことを一つ一つ頭の中で潰していき、出た結論はやはり「ここに自分以外の人間がいるはずはない」だった。
 そう、「人間は」だ。
 
 結論から言うと、彼女は幽霊だった。僕の頭がおかしくなったのでなければ、たぶん。
 
  *
 
 衝撃的な出会いを経て以来、彼女は部屋の隅の定位置から微動だにせず居座り続けた。
 これといって大きな実害はなかった。動き回ったり、ラップ音を立てたり、「うらめしや~」と囁くことも無い。体調が悪くなることもないし、妙に不運ということも感じなかった。ただぼんやりと物憂げに見つめてくるだけ。鈍感な性格をしていると人からよく言われる僕は、彼女が部屋にいることになんだか慣れてしまった。
 
 勿論、はじめのうちはお引き取り願おうと色々やった。塩を盛ってみたり、高校の修学旅行で買ったお札を貼ってみたり、十字架を割り箸で作ったり……。でも効果はなかった。除霊の専門家か、もしくは精神科医に依頼すれば良いのかもしれないが、そんなお金あるはずもない。
 かといってようやく見つけた破格の物件だ。手放すのは惜しかったし、親にも心配をかけたくなかった。最終的に僕は、諦めという名の現状維持を選んだんだ。
 
 彼女は、一般的な「幽霊」のイメージとは違っていた。三角の布もつけてないし、洋服を着ているし、脚だってある。でも触れようとすると霧みたいに通り抜けてしまい、全身もなんだかおぼろげに滲んでいる。
 何度か意思疎通を試みたこともある。
「君は僕の部屋でなにがしたいの?」
 彼女は黙って視線を返すだけだった。
 それでも、いつか反応してくれるかもしれない。そう思って、簡単な挨拶だけは続けてみることにした。
「おやすみ」、「おはよう」、「いってきます」、「ただいま」
 彼女との会話はそれだけ。いや、僕が一方的に告げているだけだから、会話ですらないか。
 幸いといってはなんだけど、僕に恋人はいない。それどころか友人もいないし、知人レベルですら危うい。
 だから僕以外この部屋に訪れる人なんていないし、彼女に話しかける僕の姿を見られることもない。あまり人に知られたくない趣味もあるし、人と関わらないのはかえって好都合だった。
 
 一度だけ、ゼミの飲み会があるとかで、人の好さそうな男子学生が声を掛けてきたことがあった。こんな訳の分からない状況をこれ以上混乱させたくなかったけれど、適当な嘘ではぐらかすのもなんだか申し訳ないし……などと葛藤していたら思わずぽろりとこぼしてしまった。
「ごめん……僕、憑かれてるんだ」
「そっか。毎日バイトで大変そうだもんな。こっちこそ、かえって悪かった」
 彼は申し訳なさそうに去っていった。
 
  *
 
 目が覚めて、彼女に「おはよう」と言う。「いってきます」と家を出て、大学、そしてアルバイト。「ただいま」と玄関を開け、「おやすみ」と告げて目を閉じる。
 そんな生活を続けているうちに、季節は移り変わり、僕も少しだけ大人になった。気付けばこの奇妙な同居生活も、まもなく四年になる。
 地元で就職を決めた僕は、このアパートを離れることになる。
「君はこれから、どうするの」
 久しぶりに挨拶以外の言葉を投げてみた。
「僕はもうすぐ、この部屋を出るんだけど」
 告げた途端、小刻みに震えだしたかと思うと、目を見開いて僕を見た。なんだかひどく驚いているようだ。
 僕も彼女の急激な変化に驚いたが、しかし、更に言葉を続けた。
「良かったら一緒に来るかい?」
 だが、彼女はふるふると力なく首を振った。そう、文字通りそこまでの力は彼女には無いのだろう。
「そうか。なんだか残念だよ」
 彼女と別れるのは本当に残念だった。でも、こんなものなんだ、とも思った。人間も、それから幽霊も。
 
  *
 
 それから少しあとのこと。最後まで物憂げに僕を見つめる視線を尻目に、僕は四年間お世話になったアパートの扉を閉めた。
 以来、彼女とは一度も遭遇していない。
 彼女は今でもあの部屋にいるのだろうか。それとも、もう諦めて成仏したのだろうか。

 なんにせよ、非常に得難い経験だったと思う。
 それ以降も僕は何度か、彼女との遭遇を再現することを試みた。を焼いてビールを開けるところまで繰り返したが、しかし上手くはいかなかった。
 後にも先にも、あんな面白い経験は彼女だけだったんだ。

 自分が殺した相手が化けて出る、なんてことはね。

  (了)