ゴーストインザヘッド

元引きこもりのオタクが送るサブカル・エンタメ系ブログ。マンガ、ラノベ、ゲーム、ガジェットなどを中心に書いていきます。読んだ人をモヤモヤさせることが目標です。

現代社会の必需品?オススメのモバイルバッテリー7選!
【決定版】超絶おすすめのギャルゲーをご紹介!【全年齢】
漫画オタクが選ぶ、10巻以内で完結している面白いマンガ20選!
オタクが選ぶ「ラノベの奇書10選」
ブログ初心者にもしもアフィリエイトをおすすめする7つの理由
【最新版】いつでもどこでも!スマホアプリでプレイ可能なギャルゲー!
絶対泣ける!? 心が疲れた時に観たい珠玉の名作映画10選!
洒落怖(洒落にならないほど怖い話)・インターネットホラーランキング
【自称ソムリエが厳選】マイナーだけど本当に面白いマンガ【ジャンプ無し】
プレゼントにも!1万円以内で買えるおすすめボールペン7選!
今こそ聴きたい80's洋楽ヒット曲ベスト20【80年代】
ThinkPadちゃんに恋してる
SCPの入り口としておすすめの20体を紹介します

自動更新!!

現在Kindleで読める無料マンガ

家庭用プロジェクターでホームシアターを楽しもう

家庭用プロジェクターでホームシアターを楽しもう

体育館のステージ上や大学の講義、セミナーやプレゼンなどなど、年齢を問わず「プロジェクター」の映像を見る機会はあると思います。
そんなプロジェクターですが、家庭用に普通に販売されていることをご存知でしょうか。

最近の機種は特に高画質、高輝度化が進んでいます。
投影用のスクリーンがあればベストですが、電気を消せば壁や天井でも十分視聴に耐える映像が見られます。

更にスピーカーが内蔵されている機種もあり、PCやレコーダーと繋げば大画面のホームシアター環境の出来上がりです。
映画やドラマ、ゲームなんかも大画面で楽しむことができます。

今回はそんな家庭用プロジェクターをご紹介します!
 

DR.J 小型プロジェクター 2400lm

私が実際に持っている機種の後継機種で、表記スペック上の輝度が1500ルーメン(輝度の単位)から2600ルーメンまで上がりました。

・台形補正
・mp4/flv/vob/avi/mpeg/divxなど様々な動画形式に対応
・1080PフルHD
・スピーカー2台内蔵
・PC/ブルーレイDVDプレーヤー/PS4など接続可
・スマホの場合はHDMI端子への変換ケーブルかジャックを使えば接続可能
・AmazonfireTV・Chromecastなども対応
・最大170インチ(4.318m)の大画面(まあこんなに大きくして使ったことは無いですが…)

といった必要十分な機能が備わっています。

これで1万円を切る価格なので、コスパで言えばダントツでおすすめの機種です。

コンセントからしか給電できない点、Amdroidなどは内蔵していない点、画質はやや低めな点など、上位機種に比べたら見劣りするところは当然ありますが、自宅内で使用するのであれば充分なスペックだと思います。
 
 

Anker Nebula Capsule

逆に持ち運びもしたい! という方におすすめなのがAnkerから出ている「Nebula Capsule」です。
 
・解像度854x480
・前面、背面、天井(前・背面)に投影可能
・350ml缶と同程度のコンパクトなボディ
・大容量バッテリー搭載(動画なら4時間、音楽なら30時間ほどの連続再生が可能)
 
輝度は100ANSIルーメンとモバイル機器としては充分な明るさです。


※ANSIルーメンとは
 
ANSIとはAmerican National Standards Instituteの略で、ANSIが策定した液晶プロジェクターの輝度単位。
一般的な輝度単位のルーメンとは異なり、画面を縦横3分割、計9分割して、それぞれのエリアの明るさの平均値を出したもの。
 
たとえば「中央は明るいが周辺が暗い」という輝度にムラのある製品でもルーメンだと最大値を表記することが多いので、より実際の明るさに沿った輝度単位となっている。
 

この「Nebula Capsule」にはAndroid7.1が搭載されており、Amazonプライム・ビデオやYoutubeなどが本体ひとつで投影・再生できます。

※Google Playストアには非対応ですが、USBでAPKを送って直接インストールできるものもあるようです。

キャンプやちょっとした少人数の集まりに持っていったり、海外旅行のお供にオススメの機種です。
 
 

 
 

まとめ

据え置き型家庭用プロジェクターの魅力は、安価で大画面の迫力を楽しめる点が一番の魅力でしょう。
同サイズのテレビやモニターを買おうとするととんでもない高額になってしまいますから。

対してポータブルプロジェクターについては、ノートPCよりも軽く、大きな画面で視聴できる点が魅力的です。
 
 
部屋を真っ暗にして、壁に大画面で映した映画は映画館ほどではないにしろ迫力が違います。
私は音質にそんなに拘りがないのですが、5.1chサラウンドシステムやサラウンドスピーカーを使えば、より臨場感のある環境ができあがるでしょう。

富豪の道楽だと思っていたホームシアター環境が、数万円から作れてしまうのですからすごい時代ですね……。

 
映画やドラマが好きな方、ゲームを大画面で楽しみたい方は、液晶モニタを購入するより安価で大画面が手に入るので検討してみてはいかがでしょうか!?

ではでは~