ゴーストインザヘッド

元引きこもりのオタクが送るサブカル・エンタメ系ブログ。マンガ、ラノベ、ゲーム、ガジェットなどを中心に書いていきます。読んだ人をモヤモヤさせることが目標です。

現代社会の必需品?オススメのモバイルバッテリー7選!
【決定版】超絶おすすめのギャルゲーをご紹介!【全年齢】
漫画オタクが選ぶ、10巻以内で完結している面白いマンガ20選!
オタクが選ぶ「ラノベの奇書10選」
ブログ初心者にもしもアフィリエイトをおすすめする7つの理由
【最新版】いつでもどこでも!スマホアプリでプレイ可能なギャルゲー!
絶対泣ける!? 心が疲れた時に観たい珠玉の名作映画10選!
洒落怖(洒落にならないほど怖い話)・インターネットホラーランキング
【自称ソムリエが厳選】マイナーだけど本当に面白いマンガ【ジャンプ無し】
プレゼントにも!1万円以内で買えるおすすめボールペン7選!
今こそ聴きたい80's洋楽ヒット曲ベスト20【80年代】
ThinkPadちゃんに恋してる
SCPの入り口としておすすめの20体を紹介します

自動更新!!

現在Kindleで読める無料マンガ

完全無料の検索順位チェックツール「SERPOSCOPE」を知っているか【ブロガー必見!】

f:id:nils00:20181008153749p:plain

完全無料の検索順位チェックツール「Serposcope」を知っているか

ブロガーやメディア、WEBサイト運営者の皆様はキーワード検索順位のチェックに何を使っているでしょうか。

Google Search Consoleはもちろん、SEOチェキ!やGRCなんかが有名ですね。
 
 
特にGRCは分かりやすいインターフェース、軽快な動作、エラーも少なくYahoo!、google、Bingを一括で順位チェックできるなどなど、古くから人気のある非常に優れた検索順位チェックツールです。私も愛用していました。

しかしながら、有料版のライセンスが「買い切り型(5,000円くらい)」から「年間払い」へ変更になってしまったため、過去にライセンスを購入していた人以外は最低でも年4,860円かかるようになってしまいました……。
月額にすれば405円とはいえ、正直できるだけお金をかけたくはないですよね(小声)。

かといって無料版だとキーワードが10個までしか登録できないので、記事数が増えてきた今では流石にツラいものがあります。
 
 
私自身、以前からGRCの無料版をしばらく使っていたんですが、有料版までは要らないかな~とライセンスを買わないままでいたんですよね。
ぶっちゃけ年間払いに移行する前に買い切りライセンスを買っておかなかったことを後悔しています。

そこでGRCに代わるツールを色々と探してみた結果、「SERPOSCOPE」というツールを見つけました。
 
 

SERPOSCOPEとは?GRCとの違い

SERPOSCOPEはオープンソースのフリーソフトウェア(寄付は募集中)で、なんと登録サイト(URL)数、キーワード数が無制限かつ完全無料で使用できます。さらにMacやLinuxのPCにも対応しています。

怪しいソフトなんじゃないの……と調べてみた結果、日本語情報も多く、かなり評価の高いソフトであることがわかりました。

※一応Kasperskyさんでウイルスチェックした結果も貼っておきます。
f:id:nils00:20181008150123p:plain
 
 
実際にインストールしていじくり回してみた結果ですが、GRCほど操作が簡単ではないこと、インターフェースが全て英語なことなど、ビギナーフレンドリーさではGRCに軍配が上がるでしょう。
 
 
また、GRCはボタン一つで3つの検索エンジンでの順位チェックをできますが、逆に言えばボタンを押さないと順位チェックができません。

対してSERPOSCOPEは起動さえしていれば毎日同じ時間に順位チェックを自動で行うよう設定できます。AWSか何かと組み合わせると完全自動順位チェックマシーンができそうです。
 
 

つかいかた・設定方法(簡易版)

そういうわけで早速使い始めてみたんですが、かなり良さげです。
ぶっちゃけ機能が複雑すぎて私もまだ全然使いこなせてはいないのですが、とりあえず最低限サイト登録とキーワード登録までを解説します。

もっと詳しく知りたい方は「SERPOSCOPE 使い方」とかで調べてください(丸投げ)。
 
 
さてまずSERPOSCOPEのWEBサイトに行ってインストーラをダウンロードします。

serposcope.serphacker.com


Windows」(32/64bit)、「Ubuntu / Debian」、「jar (Mac, other Linux...)」とそれぞれ用意されていますので自身の環境にあったものをダウンロードしましょう。

※動作要件としてJava 8が入っていることが求められますので、PCにJava8が入ってない方は予め入れておきましょう。


私は64bit版のWindowsしか持ってませんので「Java64 version」をダウンロードしました(「32bits&64bits version」は動きませんでした)。
 
 
ダウンロードしたら.exeファイルをダブルクリックしてインストール。

初回起動でメールアドレスとパスワードの設定を求められるので入力。これでアカウントが作成されました。特に確認メールなどは来なかったです。
 
 
起動したら(分かりづらいですが)「setting」というリンクを押しましょう(もしくは「ADMIN」→「GENERAL」でも同じ画面に行きます)。
f:id:nils00:20181008150222p:plain

すると「GENERAL」という設定画面の一番上に「Cron time」という項目があります。
ここに[○○:○○](すべて半角)という形式で自動で順位チェックをしたい時刻を入力します
特にUTCとかは考慮せず日本時間で大丈夫です。
入れたら画面下部の「save」で保存。
 
 
次に画面上部の「ADMIN」→「Google」と遷移しGoogleの順位取得設定をしましょう。
項目が結構あるのですがとりあえずこれと同じにすれば動くと思います。
f:id:nils00:20181008162516p:plain
※Local(検索エンジンへのアクセス元)は設定しなくても大丈夫かも。
 
 
そしたら画面上部の「GROUPS」→「New group」と押下して新規グループを作成しましょう。
名前は何でもいいので分かりやすいものを入れたら「save」。
f:id:nils00:20181008150747p:plain
 
 
保存したグループの名前をクリックするとサイト及びキーワード追加画面に移ります。
Add website」から順位チェックしたいサイトをまずは追加しましょう。
Name」にサイト名、「Domain + subdomains」にチェックを入れ、「Pattern」欄にサイトのURLを入れ、「save」です。
f:id:nils00:20181008151711p:plain
 
 
次にキーワードを登録します。同画面「Add search」から追加します。
押下すると下記のような画面になりますが、1件1件登録するのは面倒なので、左下「Bulk import」を押下しましょう。
f:id:nils00:20181008152138p:plain

するとテキストボックスのような画面になるので、1行1キーワードで一括登録できます
f:id:nils00:20181008152343p:plain
 
 
これで基本的な設定は終わりです。
あとは設定した時間になったら自動で順位チェックが始まります。

また、サイトとキーワード追加後は、上部メニュー「Check Ranks」から任意で順位チェックを行うことも可能です。

 

まとめ

順位チェックを行うこと自体は、ブログやWEBサイトを運営するにあたってほぼ必須と言っても過言ではないと思います。

Search ConsoleやSEOチェキといったブラウザでアクセスできる完全無料ツールはありますが、複数キーワードの順位を一括で調べたり順位変動の推移を分析したりといった使い方になるとなかなか厳しいものがあります。だからこそインストール型やクラウド型のソフトウェアが販売されているのですが……。

英語はよくわからん!できるだけ簡単が良い!!という人は、上で挙げた自由テキストを使うことがおすすめです。

月400円くらいから使用できますので、日々更新ができる人ならば十分元は取れるとは思います。
 
 
逆に色々調べて頑張ってみるぞ~って方はぜひSERPOSCOPEに挑戦してみてください。
そして便利な使い方や機能があったら私にコッソリ教えてください!!