ゴーストインザヘッド

元引きこもりのオタクが送るサブカル・エンタメ系ブログ。マンガ、ラノベ、ゲーム、ガジェットなどを中心に書いていきます。読んだ人をモヤモヤさせることが目標です。

現代社会の必需品?オススメのモバイルバッテリー7選!
【決定版】超絶おすすめのギャルゲーをご紹介!【全年齢】
漫画オタクが選ぶ、10巻以内で完結している面白いマンガ20選!
オタクが選ぶ「ラノベの奇書10選」
ブログ初心者にもしもアフィリエイトをおすすめする7つの理由
【最新版】いつでもどこでも!スマホアプリでプレイ可能なギャルゲー!
絶対泣ける!? 心が疲れた時に観たい珠玉の名作映画10選!
洒落怖(洒落にならないほど怖い話)・インターネットホラーランキング
【自称ソムリエが厳選】マイナーだけど本当に面白いマンガ【ジャンプ無し】
プレゼントにも!1万円以内で買えるおすすめボールペン7選!
今こそ聴きたい80's洋楽ヒット曲ベスト20【80年代】
ThinkPadちゃんに恋してる
SCPの入り口としておすすめの20体を紹介します

自動更新!!

現在Kindleで読める無料マンガ

なぜ「true tears(トゥルーティアーズ)」が大名作アニメなのか語ります(ネタバレ無し)

true tears(トゥルーティアーズ)とは?

 

 
2008年の冬アニメとして放映された作品「true tears(トゥルーティアーズ)」。今もなお色褪せない大傑作、恋愛アニメの金字塔として多くのファンを魅了して止みません。

今回はこの名作アニメ「true tears(トゥルーティアーズ)」について、私の語れる範囲で語り尽くしたいと思います!
なお当記事は、結末などのネタバレを避けた、「これから観る方向け」の記事となっております。
 
 
あらすじはこんな感じです。


絵本作家を目指す高校生「仲上眞一郎」は、両親を亡くし仲上家に引き取られてきた同じ高校に通う「湯浅比呂美」、両親の4人で暮らしている。眞一郎の母は、ある理由から比呂美につらく当たっていた。

ある日、眞一郎は学校の裏庭で、木に登って降りられなくなった少女「石動乃絵」と出会う。彼女は過去に起こったある出来事がきっかけで、涙が流せなくなったのだという。眞一郎は彼女との出会いをきっかけに比呂美、親友「野伏三代吉」、幼馴染「安藤愛子」らとの関係や、自分自身との向き合い方に変化を生じさせていく。彼らはそれぞれに悩み、すべきことを模索し、成長していく。
 
https://ja.wikipedia.org/wiki/True_tears_(アニメ)より

 
TVアニメ「true tears(トゥルーティアーズ)」は、もともとギャルゲーメーカーのLa'cryma(ラクリマ)から発売された恋愛アドベンチャーゲームのアニメ化企画として立ち上がりましたが、蓋を開けてみれば内容は全く異なっておりました

アドベンチャーゲームというものはプレイすれば数十~百時間以上かかり、多くの作品にはルート分岐があるため、ストーリーに破綻がないようにアニメ化するのが難しいジャンルだと思います。

実際にADVを1クールアニメ化し、散々な評価となっている作品は多々あります。(Chaos;Headデモンベイン夜明け前より瑠璃色なetcetc....)

名前のみを活かし、オリジナルストーリーを展開するという思い切った作戦は、「true tears」の場合大成功だったと言えるでしょう。
 
 

true tears(トゥルーティアーズ)のキャスト・スタッフ

主人公の仲上 眞一郎(なかがみ しんいちろう)には「蒼穹のファフナー」の真壁一騎などを演じた石井真
f:id:nils00:20190218161522p:plain
TVアニメ公式サイトより
 
ヒロインの石動 乃絵(いするぎ のえ)には、「デュラララ!!」の狩沢絵理華や「宝石の国」のジェードなど多数の作品に出演する高垣彩陽
f:id:nils00:20190218161625p:plain
TVアニメ公式サイトより
 
もうひとりのヒロイン・湯浅 比呂美(ゆあさ ひろみ)には「交響詩篇エウレカセブン」のエウレカ、「Re:ゼロから始める異世界生活」のフレデリカなどこちらも第一線で活躍する名塚佳織
f:id:nils00:20190218161649p:plain
TVアニメ公式サイトより
 
3人目のヒロイン、安藤 愛子(あんどう あいこ)を演じるのは「とある魔術の禁書目録」のインデックス、「物語」シリーズの阿良々木月火などで有名な井口裕香が声優として演じています。
f:id:nils00:20190218161712p:plain
TVアニメ公式サイトより
 
その他吉野裕行藤原啓治など、実力派の声優陣が揃っています。
 
 
またシリーズ構成および1,4,7,12,13話の脚本は「あの花」や「とらドラ!」と言った名作青春アニメを多数手がける岡田麿里が手がけており、そのクオリティ・完成度の高さはお墨付きです。
 

話数 サブタイトル セリフ元 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
1 私…涙、あげちゃったから 石動乃絵 岡田麿里 西村純二 西村純二 関口可奈味
2 私…何がしたいの… 湯浅比呂美 西村ジュンジ 許琮 許宰銑
3 どうなった? こないだの話 安藤愛子 森田眞由美 浅井義之 吉田優子
4 はい、ぱちぱちってして 石動乃絵 岡田麿里 安藤真裕 鈴木美咲
5 おせっかいな男の子ってバカみたい 湯浅比呂美 西村ジュンジ 西村純二 許琮 金鍾学、許宰銑
6 それ…なんの冗談? 仲上眞一郎 森田眞由美 山本秀世 浅井義之 吉田優子
7 ちゃんと言って、ここに書いて 石動乃絵 岡田麿里 安藤真裕 鈴木美咲
8 雪が降っていない街 湯浅比呂美 森田眞由美 山本秀世 太田知章 權允姫、許宰銑
9 なかなか飛べないね… 石動乃絵 西村ジュンジ 西村純二 川面真也 川面恒介
10 全部ちゃんとするから 仲上眞一郎 森田眞由美 川面真也 浅井義之 吉田優子
11 あなたが好きなのは私じゃない 湯浅比呂美 西村ジュンジ 西村純二 許琮 許宰銑、岡辰也
12 何も見てない私の瞳から… 石動乃絵 岡田麿里 安藤真裕 鈴木美咲
13 君の涙を 仲上眞一郎 川面真也 吉田優子、池田克己
関口可奈味
Wikipediaより

 
 

true tears(トゥルーティアーズ)の魅力

 

ストーリーについて


この作品をざっくり表すなら、「モテ男主人公が三人のヒロインに想いを寄せられ、そこから一人選ぶ話」です。
これだけ見ると「うっわオタク向けアニメにありがち」「量産型ハーレムアニメと何が違うの……?」となりそうです。

しかしながら、好き好き~と三人同時に主人公に迫ったり、コメディタッチに主人公争奪戦をしたりと言ったハーレムモノにありがちな雰囲気はありません

別のヒロインの前で突然唇を奪ってマウンティングしたり、当てつけのように皮肉が飛んだり……と、もっとドロドロしたリアルさがあります(時々見ているこっちが胃が痛くなります笑)。

そして、途中退場などはありますが、予備知識無しで見ると本当に終盤まで最後に誰が選ばれるのか分からない面白さがあります。時折感想で見かけますが、「そのまま実写化してもOKな脚本」であると感じました。普段アニメをあまり観ない方にもおすすめできます。
 
また本作の主人公である眞一郎は、ハーレムモノでありがちな鈍感系主人公や、想いに気づいていながら結論を出さない主人公ではありません。
想いを胸に抱えながらも自問自答や葛藤を経て、最終的に一人を選ぶわけです。その選択自体が大きな痛みを生み、ドラマになるのです。
 
 

演出の素晴らしさ

アニメ作品で意識している人はあまりいないかもしれませんが、カメラワークの秀逸さも大きなポイントだと思います。

単に引きの構図とアップを繰り返すのではなく、カットやアングルにこだわり抜いた構図は思わず息を呑む仕上がりです。
またキャラの感情をモノローグで語るだけではなく、構図やBGM、そして呼吸(間)によって表現している点も、映画作品のような印象を受けます。

さらに、本作品は富山県の礪波(となみ)市を舞台(モデル)としているのですが、水彩画のような背景も相俟って、美しい冬の情景が幻想的に描き出されています。
 
 

作品に華を添える素晴らしいOP

eufoniusによるOP曲「リフレクティア」も素晴らしいです。

リフレクティア

リフレクティア

true tearsというタイトルにぴったりな透明感のある歌声、メロディにマッチした爽やかなOPアニメーションは今もなお色褪せない素敵なオープニングとなっています。

youtu.be
 
 

ファンから愛される作品

TV放送10周年を記念して2018/9/26には「true tears Blu-ray BOX」が発売されました!

www.truetears.jp

多くのファンがいるからこそ実現した企画であると思います。
 
 
これは余談ですが、true tearsは上記10周年記念BOXより以前にBD化を実現しています。

私の大好きなもうひとつのアニメ作品「ゼーガペイン」は、この「true tears」とBD-BOX化を争い、一度破れたという経緯があります笑
(なお第二回のBD化企画では「とらドラ!」や「涼宮ハルヒの憂鬱」を破りゼーガペインが1位となりました。)


※ゼーガペインについてはこちら。
www.gith.xyz
  
 

true tearsの魅力 まとめ

「true tears」は放送から10年ほど経った今もなおファンの多い作品です。

 
ネタバレ無しとして書いているのであまり詳しくは書けませんが、はっきり言って主人公たちの恋の結末は賛否両論だとは思います。

しかしながら恋の行方だけにフォーカスするよりも、登場人物たちそれぞれに目を向けてみるとまた違った楽しみ方ができると思います。

大人と子供、親子の関係、乃絵の涙、友情etc......と、考察の題材としても非常に多くのポイントがあり、それだけこの作品が「深く」楽しめるものであると感じます。
 
 
「true tears」という作品は、恋愛作品である以前に、(ありがちな言葉になってしまいますが)登場人物たちの「成長」の物語であると私は感じます。

それぞれが問題、葛藤、悩みを抱えており、痛みを伴いながらもそれらを乗り越える(折り合いをつける)……その時に伝うのが「true tears」なのではないでしょうか。
 
 
「true tears」はdアニメストアなどで視聴可能です。

1クールでサクッと観ることができますので、未視聴の方はこの機会に珠玉の名作アニメをぜひご覧下さい!
 

 
 


【早期購入特典あり】 true tears 10周年記念 Blu-ray Box (描き下ろしミニ色紙付)

【早期購入特典あり】 true tears 10周年記念 Blu-ray Box (描き下ろしミニ色紙付)

true tears ~トゥルーティアーズ~ 初回限定版

true tears ~トゥルーティアーズ~ 初回限定版